ビルケンシュトックのアリゾナを履き続ける理由

茶色と黒のビルケンシュトックアリゾナ二足が並んでいる

ビルケンシュトックのサンダル「アリゾナ」の黒と茶色の2足をいつも履いています。もう10年以上この2足を履き続けていて途中で何回か買い替えましたが同じビルケンのアリゾナ黒、茶です。ボストンのスエードもありますがこちらは冬場のみの出番です。私がビルケンシュトックのサンダルを購入したきっかけは足と健康の関係性に興味を持って調べていく中でたどりつきました。

この記事は

  • ビルケンシュトック アリゾナの履き心地は?
  • ビルケンシュトック アリゾナのサイズは?
  • ビルケンシュトック アリゾナのコーディネイトは?
  • ビルケンシュトック アリゾナEVAとは?

長年足の痛みに悩まされてきた私ですがビルケンシュトックのサンダルに出会ってから足のトラブルが解消されました。
まずはビルケンシュトックの説明をサクッと。

目次

ビルケンシュトックとは

ホームページにも記載されていますが、ドイツの靴メーカーで2世紀半前から創業の老舗の有名ブランド。医学理論に基づいた健康サンダルが最初の製品でした。足の健康を考慮したサンダルは世界トップクラス。サンダルのネーミングはマドリッド、チューリッヒ、ボストン、アリゾナなど世界の都市の名前がつけられていてユニーク。私はアリゾナとボストンを持っています。アリゾナは2本の幅広のストラップのシンプルなデザインのサンダル。ボストンはサボのようにアッパーが覆われたコロンとした人気のデザインです。最近では機能性以外でもおしゃれにコーディネイトした写真もアップされていたりしてファッション性も重視される世界的に人気の靴ブランドです。

サンダルに刻印されたビルケンシュトックのロゴ

アリゾナ(ARIZONA)

そんな中でもアリゾナ好きの私ですが、アリゾナのアッパー部分はビルコフローと言うビルケンシュトックオリジナルの合成皮革です。水に強く耐久性があり手入れが簡単。2ストラップでソールはコルク。履いて歩くとわかりますが足のホールド感と軽快さが他とは違う素晴らしいサンダルです。現在ネットショップで8000円〜10000円くらい。

ビルケンシュトック アリゾナの履き心地は?

履き心地はホールド感があり安定していて足が疲れない。その事は10年以上履き続けていると言うことで証明しています。ソール自体はそんなに柔らかくなくしっかりしており、コルク独特のクッション性が足にかかる衝撃を吸収しているのでしょうか。足に安定感が出てグラグラしないのがよいです。

足首のぐらつき 痛みの改善

ビルケンシュトックアリゾナの踵のホールド部分のアップ
かかとのホールド部分

買い物はあえて歩いていくなど駅やデパートでは階段を使い日頃から意識して運動の機会を作っているのですが、ある日歩いていて段差も何もないところで足がぐらついて転びそうになりました。足首を骨折なんて痛そうだし治りにくそう。こう言うことにならないように色々調べ始めました。

年齢と共に足が弱って来たのかと思いグーグル先生にお尋ねしたところ運動不足や靴のせいかもしれないと。運動は意識してるけど、靴は意識していなかった。

靴による足の不具合はたくさんあります。足にあわない靴を履いたり長時間の立ち仕事に適していないヒールの高い靴などを履き続けたりなどしていると、外反母趾や足裏アーチ(土踏まず)のカーブがだんだん浅くなって俗に言う扁平足になり、転びやすくなったり体調が悪くなったりすると言うことです。また、足裏に痛みが出たりしてこれもアーチの崩れによるものとのこと。ビルケンシュトックのアリゾナはこんな私の悩みを解決してくれました。足と体の健康には密接な関わりがあり、まさに健康は足元からです。

ビルケンシュトック アリゾナのサイズは?

ビルケンシュトックアリゾナのサイズの印字のアップ
ナローは左の足のマークが黄色で塗りつぶされています

ネットショップで購入したのでサイズ選びが難しかった。最初失敗して交換してもらいました。アリゾナは足の横幅で選ぶスタンダードとナローがあります。ナローは普通サイズよりサンダルの幅が狭くなっていて女性はナローを選ぶ人が多いです。私もナローで36(23センチ)を履いています。(ビルケンのサンダルはEU表記)実は私は普段は23.5〜24.0センチなので最初は37を購入。商品が到着してから履いたらかなり大きい。厚めの靴下履いてもかかと余るし。と言うことで36に交換して頂きました。

私はスニカーなら23.5センチを選んでいます。やや幅広で甲の高さは普通。サンダルならいつも24センチ。ご参考まで。

EUJP (単位:cm)
3623
3724
3824.5
3925
4026
4126.5

サイズ表はあくまで一般的な目安サイズで、一度履いてみて確かめるのがよいと思います。通販でもサイズ交換に対応しているお店かどうか購入前に確認した方がよいでしょう。

ビルケンシュトック アリゾナのコーディネイトは?

スカートとビルケンシュトックアリゾナのコーディネート
パンツの裾をロールアップしてビルケンシュトックアリゾナを履いている
厚手のソックスとビルケンシュトックアリゾナのコーディネート

ビルケンシュトックを検索していたら、おしゃれなコーディネイトの画像にたくさんヒットします。ナチュラルなファッションとの相性がよく足元のこなれ感や、抜け感が気に入り購入を考えるようになりました。

ビルケンシュトックの公式カタログにはたくさんの種類のサンダルがありましたが、どれがよいのか迷いました。そんなときナチュラル系のファッション雑誌でビルケンのアリゾナを履いたモデルさんが掲載されていました。ナチュラルな麻素材のワンピースやロングスカートとペチコートを重ねばきした乙女なスタイルにちょっとゴツく見えるアリゾナを合わせた抜け感がとても新鮮でおしゃれ、またパンツなどのカジュアルなスタイルもカッコよくそれがツボにハマりました。

以上の2点がビルケンシュトック アリゾナを履いてみたいと思ったきっかけです。そして楽天のサイトから購入。このとき2色で迷いました。黒と茶です。迷ったので両方買いました。私はいつも同じデザインのものを色違いで2個買ってしまうのです。結果洋服に合わせて履き替えるだけでコーディネイトが違って見えます。

カジュアルなスタイルでベージュや生成りのナチュラルな感じの時は茶色のアリゾナ。シンプルでミニマルな出立ちの時は黒。この2色で充分です。これからもアリゾナ以外のサンダルに変える気はありません。

アリゾナのメリット

・歩きやすさ
・フィット感
・おしゃれ感
・真冬以外はずっと履ける
・旅行には必ず持っていく

履き心地、歩きやすさ、おしゃれと私にとって3拍子揃ったサンダル。サンダルなのでちょっとそこまでのコンビニに行く時だけじゃなくてお出かけやデートに履いて行ってもおかしくないサンダルです。素足だとカジュアルでこなれ感が出せれば正解でしょうね。

私はなぜこれまでもこれからもアリゾナなのか、それは歩きやすさです。実際に履いてみてものすごく足裏にサンダルがフィットして足の指がサンダルをしっかり掴むので、足に負担がなく力が入り踵から爪先に力が移動しやすいのです。本当に歩きやすく長時間でも疲れにくい。そう、ビルケンの1番のよさは「歩きやすさ」だと私は実感しています

ソールが足裏の凹みや出っ張りに合わせて形作られているので足裏にピッタリとフィットします。足がグラグラしないのです。このおかげで足首のぐらつきが軽減しました。足首が安定すると足の疲れが少なくなります。

私は春夏秋はアリゾナを履いています。さすがに真冬は厳しいですが、夏は素足で春秋は厚手のウールの靴下などをモコモコ合わせて履いています。

旅行に行く際はアリゾナを履いていきます。新幹線や飛行機の機内ではアリゾナだととても楽に過ごせますので手放せません。仕事以外の旅先でもほとんどアリゾナです。それくらい楽です。

アリゾナのデメリット

・水濡れによるコルクソールの痛み
・値段が高め

ストラップ部分は合成皮革なので比較的水に強いのですが、ソールのコルク部分が水に濡れるとふやけてめくれて来ます。雨の日に履いてしまって濡れたのをそのまま放置したらつま先のコルクが浮いて来ました。早急に多目的ボンドで貼り付けて処置しました。できるだけ濡らさないように濡れたらすぐ乾かすようにしています。(ボンドの貼り方が汚くてすみませんw)

ビルケンシュトックアリゾナの劣化したかかとをボンドで修理した部分のアップ
ボンドがはみ出して綺麗ではありませんねw
アウトソールのすり減ったビルケンシュトックアリゾナの靴底
アウトソールの外側がすり減っています。

値段が高いのは仕方ないですが、丁寧に手入れをして、修理に出したりメンテナンスしながら長く愛用できるサンダルだと思います。本革を使用したモデルではもっと値段が上がります。このことを解決すべくビルケンシュトックは「アリゾナEVA」を登場させました。

修理費用目安

ストラップの接着1728円(税込)以下同じ
アウトソール張り替え4860円
ソール全て交換9180円

※ 直営店スタッフさんにお聞きしました。ソールの全とっかえだと新しいのが買えます。

アリゾナEVA

EVAとはボディ全体が合成樹脂で作られたシリーズです。イメージとしてはクロックスのような感じ。ビルケンシュトックの製品のよいところはそのまま継承され、さらに扱いやすくお安くなった人気シリーズで特に夏場に活躍。
価格は3000円代からあります。もちろんアリゾナも。私はまだ購入していないのですがEVAはボストンが欲しいと思います。ネットショップで探していますがすぐ在庫切れになるので人気商品です。

クロックスとの違い

アウトソールの耐久性が違うと思う。クロックスは柔らかいのですぐにすり減ってしまう。
EVAの方が強度がある。クロックスの方がすり減りが激しいので踵に力を入れると滑りやすい。
クロックスよりも、EVAの方の足をサポートする力が強い。
全体の印象がEVAの方が高級感がある。

水洗い可  は水道でジャブジャブ洗えます。
軽量    カバンに入れても軽いので持ち歩けます。
耐久性あり 結構丈夫。
足によい  アリゾナと同じ。
安い    ネットショップで3000円くらいからあります。

まとめ

ビルケンシュトックアリゾナの黒のアップ
ビルケンシュトックアリゾナの茶色のアップ

ビルケンシュトックアリゾナはおすすめのサンダルです。足のためにもよく、ファッション性もあり物としても魅力のある製品です。購入は公式サイトでも買えますし、Amazonや楽天でも定価より安くなっています。特にEVAはお手頃価格ですがどのネットショップも在庫が少ないようでその人気が伺われますね。ごくたまに偽物もあるようですのであまりに安いものはよく調べてから購入した方がよいです。ビルケンシュトックのよさがこの記事で伝わったでしょうか?私はこれからもアリゾナを履き続けます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村


備忘録・雑記ランキング

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる