風蘭 花咲きました

私は着生植物が大好きで、この風蘭も鉢植えではなく
ヘゴ板に水苔で着生させて、吊るして育てています。
風蘭の他に、名護蘭、胡蝶蘭、デンドロビウムなどもあります。

目次

風蘭と名護蘭

風蘭

日本の南部に生息する着生蘭。
気根という長い根を伸ばし、木や岩などに着生して成長する。
夏にとてもいい香りがする白い花を咲かせる。
別名富貴蘭とも言う。
現在は絶滅危惧種に指定されている。

数年前、メルカリで出品されていた株を1株分けて頂き、
写真のようにヘゴ板に水苔をつけて着生させて
育てていました。

ヘゴ板

木生シダの幹で、着生蘭などの植物を育てるのに最適な板。
私はシダの板ではなく、チランジアなどの植物のための
石の板に水苔で着けています。

水苔

園芸店やホームセンターで簡単に手に入ります。
蘭を育てる際によく使われ、土よりも清潔に管理ができます。
ビカクシダの板付けにも必須です。

最初は室内の窓際に吊るしていたのですが、
だんだんと葉が弱ってきたように感じたので
思い切ってベランダに吊るしてみました。

朝とお昼過ぎまで直射日光が当たるので
光が強すぎないかと心配でしたが
今年、花が咲きました。

実は、花の数は5個あったのですが、
写真に撮るのを忘れてしまって
今日、残りの花2個を撮影しました。

5個の花が横一列に並んで咲いているのを
撮り忘れたことが残念です。

これからさらに日差しが強くなってきますが
様子を見ながら日除けなどを考えています。

着生蘭は風蘭の他、
名護蘭と胡蝶蘭を育てています。

風蘭 育て方

植え付け

ヘゴ板や流木にテグスで水苔を付けて
そこに麻紐などで着生させています。

水やり

水苔が乾ききってから
水の入ったバケツにドボンするか、
水道の水を緩く出して
直接かけています。
冬場は、週1くらいで霧吹きで水やり。

日当たり

午前中の光が当たる場所が良いと言うことで、
ベランダに吊るしました。
その後、花が咲きました。

管理

冬場は加温なしのハウスなどが推奨されていますが、
私は、光の入る室内の窓辺に吊るします。

風蘭 花

花は一度に数個咲きました。

白くて繊細な形をしていて、
気分が上がります。(好きな人だけかなw)

株によっては薄いピンクや黄色、紫色の花を
つけるものもありますが、
うちのは白でした。

メルカリでの出品者さんが
アップしていた画像は
お庭の大きな苔むした木の股に
びっしりと根を張った風蘭が
白い花をたくさんつけたもので
あれくらいに増えたらすごく迫力あると思います。

名護蘭

名護蘭

名護という名から、
沖縄や奄美地方に生息する着生蘭。
風蘭や胡蝶蘭と近い種類です。
そして風蘭同様、乱獲が原因で
野生の名護蘭は絶滅種となっています。


これもメルカリで購入した名護蘭。

風蘭と同じ石の板に水苔で着生させて
ベランダに吊るして育てています。

こちらは花はまだです。

葉が3枚しかつきません。
1枚1枚の葉が大切ですので
葉を落とさないように気をつけています。

写真を見ていただくと、
1枚の葉が若干シワっぽくなっています。
ここのところの日差しの強さが原因でしょうか。
日除けを検討しないとと思います。

実は去年、葉が1枚落ちてしまい
2枚になってしまったのですが
幸いにも後から1枚育ち、
今は3枚に戻りました。

写真のように
新しい根が伸びてきています。
根の先端、「根幹」が緑色できれいです。

名護蘭 育て方

植え替え

板に水苔、麻紐で着生させています。
葉を下にして下垂させて付けなければいけないようです。
私は上向きに付けてしまったので、
葉が下の方に反っています。

水やり

風蘭と同じように、
水苔が乾いたらたっぷりと与えます。
冬場は、水を切り気味に与えます。
冬は休眠に入るため、水を与えすぎると
根腐れを起こしますので注意が必要です。

日当たり

風通しの良い明るい場所。
午前中の朝日が当たる場所がおすすめです。
真夏は葉焼けを起こしやすいので
遮光が必要かと思います。

管理

南国の植物ですので、
冬場の外管理は避けた方がよいでしょう。
私は室内の明るい窓辺に入れます。

風蘭と同時に育て始めましたが、
風蘭より繊細なようです。
管理に少し気遣いが必要かと思います。

世界蘭展

世界蘭展 

毎年東京ドームシティで開催される蘭展。
2021年はコロナ禍ということで縮小開催で、
3月25日から31日までの7日間開催されました。
2020年は中止になっています。
世界中の蘭が展示される他、
植物愛好家お目当ての即売会も開催されており、
蘭以外の珍しい植物や、雑貨などが販売されています。
ちなみに、最終日の終了時間前には
たたき売り状態になることもあり、
それを目当てに会期中2回訪れる人が多いようです。

goma
goma

私が着生植物が好きな理由は、植物の「根」が好きだからです。
普通植物は、根が土の中に植えられていて目には見えません。

この根がすごくおもしろいし、きれいだと思うのです。
花も良いですが、私は花より根に興味があります。

胡蝶蘭も根が見えるように空中栽培をしています。
今度また、紹介したいと思います。

左・水栽培 右・空中栽培




にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる